JOVS脱毛器について

JOVS脱毛器は妊娠中にも使用できる?妊婦さんが使う際の注意点などご案内!

この記事はJOVS脱毛器の妊娠中の使用についてまとめています。

JOVS脱毛器に限らず、妊娠中の脱毛は肌トラブルなどの原因になるため推奨されていません。

妊娠中に脱毛器が使えない理由について知りたい方は、こちらの内容を確認してみて下さい。

JOVS脱毛器の詳細はこちら

まずは確認!JOVS脱毛器は妊娠中には使用不可…!

下記に該当する方は使用をお控えくださいますよう、お願いいたします。

・妊娠中や授乳中、生理中の方

引用元:JOVS公式サイト

まず確認として、JOVS脱毛器は妊娠中の使用は推奨されていません。

上記のように、JOVS脱毛器公式サイトでも妊娠中の使用に関して記載があります。

また、妊娠中だけでなく授乳中や整理中の使用も避けたほうが良いでしょう。

妊娠中や授乳中は大変デリケートな時期なので、肌への負担になる可能性があります。

妊娠中や授乳中の脱毛は完全に禁止されている訳ではありませんが、万が一の事を考えて使用し内容が良いでしょう。

どうしてもJOVS脱毛器を妊娠中に使用したい場合は、自己責任で行って下さい。

JOVS以外の脱毛器も妊娠中の使用はおすすめしません…!

JOVS以外のケノンや光エステなどの他の脱毛器も、妊娠中には使えません。

妊娠中はホルモンバランスが大きく変化するため、特に慎重に過ごすことが求められます。

また、多くの脱毛器は妊娠中や授乳中の使用を禁止していますし、脱毛サロンや医療脱毛にも通えません。

脱毛による胎児への悪影響はないと思われますが、肌トラブルや体調不良などのデメリットの方が大きいでしょう。

ムダ毛が気になったとしても、出産、授乳が終わるまでは脱毛を我慢した方が良いですね。

妊娠中にJOVSや他の脱毛器が使えない3つの理由

ここからは、妊娠中にJOVSや他の脱毛器が使えない理由を3つ紹介します。

妊娠中に脱毛をしたいと考えている人は、こちらの内容を読んでみて下さい。

理由①:肌トラブルが起きやすいから

妊娠中はホルモンバランスが大きく変化し、肌が敏感になりやすい時期です。

脱毛器を使うと刺激が生じるため、肌トラブルが起きやすくなってしまいます。

また、妊娠中はメラニン生成が増加しやすく、肌の色素沈着が生じやすい点にも注意が必要です。

このため、妊娠中の脱毛は避けたほうが良いとされています。

理由②:脱毛効果が得られにくいから

脱毛をする場合、毛周期に合わせて脱毛器を使用することが一般的です。

しかし妊娠中は、脱毛効果にばらつきが生じてしまいます。

妊娠中はホルモンバランスの乱れにより毛周期が影響を受け、脱毛の結果が予測しにくくなることが原因です。

脱毛効果が得にくいと、脱毛回数の増加や費用がかさむリスクもあります。

そのため、妊娠中の脱毛は避けたほうが良いとされていますよ。

理由③:脱毛する部位によっては無理な体勢を強いられるから

脱毛をする場合、部位によって様々な体勢を取ることがあります。

妊娠の時期によっては、無理な体勢が母体への影響を起こす場合もあります。

お腹が大きくなってくると、仰向けの姿勢やうつ伏せの姿勢は難しくなります。

そのため、妊娠中の脱毛はおすすめできません。

JOVS脱毛器の妊娠中の使用についてまとめ

この記事のまとめ
  • 妊娠中のJOVS脱毛器は使用を避ける
  • 妊娠中だけでなく授乳中も脱毛は推奨されていない
  • 妊娠中の脱毛は多くのトラブルの原因になる
  • 脱毛サロンや医療脱毛でも妊娠中の利用は避ける
  • 妊娠中にJOVS脱毛器を使いたい場合は自己責任

この記事では、JOVS脱毛器の妊娠中の使用についてまとめました。

JOVS脱毛器は、妊娠中や授乳中の使用は推奨されていません。

妊娠中はホルモンバランスが崩れるため、各種トラブルの原因になりやすいためです。

家庭用脱毛器だけでなく、脱毛サロンや医療脱毛でも妊娠中の脱毛は避けたほうが良いでしょう。

JOVS脱毛器に関する口コミやデメリットなどは別記事でもまとめていますので、合わせて参考にしてみて下さい。

>>JOVS脱毛器の口コミやデメリット